建物外観とのバランス

材木屋さんが在庫ではないとの事で、丸太から製材をかけた杉板です。

木の香りがとてもいいです。

お世話になる現場に合わせた材料を考える。
建物や住む人のライフスタイルをよく観察させていただきプランニングをする。
施工後、数年先、数十年先に今より良くなっている事を願って。
いつも、打ち合わせ時からその様な事を考えて工事をスタートします。

当然一人一人考えが違います。
カロンでは、カタログを持って打ち合わせは致しません(笑
希望や意見を頂戴しながら工程を考えていきます。
じゃあ、どうやって?話を進めるの?

って。事ですが、

絵を描きます(笑い
下手な絵を一生懸命描いて伝えます。
とてもアナログを駆使してます(笑い

はいっ!
って事で板に焼き目を付けます。
塗装の下準備です。